Junior Chamber International TSUKUI

公益社団法人  津久井青年会議所

お問合せ

TEL.042-685-0880

FAX.042-685-0821

252-0176神奈川県相模原市緑区寸沢嵐200-2F

理事長メッセージ

MESSAGE

ホーム

HOME

 

2018年度理事長所信

公益社団法人津久井青年会議所 理事長 渡邉 博明

 

スローガン 『輝』

〜感謝の念 謙虚な心 躍進の志〜

 

【はじめに】

 「新日本の再建は我々青年の責務である」戦後間もなく復興の為大きな志のもと立ち上がった青年達により「明るい豊かな社会」をめざし日本の青年会議所運動がはじまりました。その運動は各地へと広がり私達の住むこのつくい地域に1982年、初代理事長小川洋一先輩をはじめとする若き力が理性と情熱と友情を基にして道を切り拓き津久井青年会議所の創立を宣言されました。そして本年、創立より36年の永きに渡り卓越された熱い志のもと先輩諸兄が繋いで頂いたこの歩みに心より感謝申し上げます。我々はこの地域と先人に対し、敬意と感謝の念をしっかりと心に刻み謙虚な心を忘れず、その想いを継承し次世代へ繋いで行かなければならないと考えます。また同時に情熱を持って青年会議所活動が行えるのも家族や会社の皆様の協力や理解があってこそ成り得る事を決して忘れず、何事も前向きに捉え信念と覚悟を持って行動する事により、地域のリーダーとして様々な問題や課題を打破し、これからのつくい地域が大きく発展していく躍進の志を抱き、一生の友と夢を語り、人の為まちの為に行動して一人ひとりが輝きを放ちその光がまちを豊かに包み込み「明るい豊かな社会」が実現しこのまちを力強く輝かせると確信しております。

 

 

【誇り高き強固な組織づくり(事務局)】

 誰もが素晴らしいと思う組織には、必ずしっかりとした組織運営があります。青年会議所の規律ある組織運営を遂行し様々な会議や事業を滞りなく円滑に進める為、より良い環境をつくり組織を更に進化させ次世代へ繋いでいきます。そして公益社団法人としての運営と会員よりお預かりした会費を適正に管理、執行します。また対内外との情報共有や連携を取り、会員一人ひとりが多くの可能性を最大限に発揮し強く優しくある為に誇り高き強固な組織つくりを邁進し持続的に発展できる価値ある組織、信頼される組織となり輝きを放ち続けます。

 

 

【つくい愛溢れるまちづくり(まちづくり委員会)】

 豊富な水と澄み渡った綺麗な空気、多くの自然に包まれ、歴史深き伝統文化など多くの資源に恵まれたつくい地域です。住まう多くの人がこの自然を想い、繋がりを大切にする、人の温かみを感じるこの素晴らしいつくい地域を誇りに思い郷土愛を持つ人材がまちづくりには必要不可欠です。しかしながらまちづくりは我々、青年会議所だけでできるものではありません。市民と行政、企業が手を取り合いより良い地域とする為に意識変革運動を邁進し、市民へ郷土愛を醸成していきます。そして魅力ある地域へと変貌を遂げる為に地域問題を定義し解決へ前進して行き次代を背負う責任世代としての使命を果たし市民へ夢と希望を与えつくい地域を輝かせ更なる発展に寄与します。

 

 

 

【道徳心 未来への希望づくり(青少年育成委員会)】

  子ども達は未来を担う宝であります。子ども達は親の背中や地域の姿を見て育ち学校教育や日常生活から人間性を確立していきます。その重要な時期である幼少期から青年期に大人として正しい方向へと導き可能性を開花させる事が重要です。地域に密着して運動を行う津久井青年会議所として地域の資源を活用して日本の歴史や伝統、文化を伝え道徳心を学び生まれ育ったこのつくい地域を愛し豊かな心を持つ青少年が一人でも多く育成する運動を展開して参ります。そして「教育の原点は家庭環境にあり」と言われるように親世代の大人達も共に考え思いやりや感謝の気持ちを忘れず親子のコミュニケーションを改めて見つめ直します。優しさと厳しさで大人が手を取合い様々な問題を乗り越えてつくい地域全体と親と子、その素晴らしく温かい関係が連綿と続く事で未来へと希望を持った子ども達が次世代へ輝きを繋いでいきます。

 

【全てに挑戦 志を同じうする仲間づくり(拡大研修委員会)】

 「明るい豊かな社会」を目指し津久井青年会議所が運動を続けて行く為には意識高き志を同じうする同士をつくらなければ継続した青年会議所活動はできません。このつくい地域を考えそこに住み暮らす人を想い未来を創造する、そんな若き同士が一人でも多く集い手を取り合い共に考え語り合う、時には意見のすれ違いもあるのかもしれません。しかし間違えなくそれ自体が地域の宝であり未来へと繋がる第一歩だと確信します。近年、時代は多種多様に変化してきました。会員の拡大は時代に即したSNSを効率よく有効に駆使するのは勿論の事ですが、人と人との出会いの中で重要なものは情熱です。熱心に相手を想い相手の立場になり心寄せる、その運動から始まる自己の成長が魅力ある組織として地域から必要されます。魅力があれば自ずと人財が集まるものです。研修事業を重ね青年会議所の運動を更に邁進していきます。そして全ての可能性に挑戦し全力投球で勝負し信頼と責任をしっかりと持ち目標に向かい会員が一丸となり責任を果たし個が輝きを増し組織全体が大きな光と成りこの地域を輝らし続けます。

 

 

【夢への架け橋づくり(広報渉外委員会)】

 青年会議所の素晴らしい運動をより多くの市民へ周知する事で信頼や賛同を得る事ができると同時に会員が活躍している姿は同士や青年会議所の先輩、関係者にも勇気と希望を与えてくれます。組織内のまとまりとつくい地域との繋がりを創ります。そして様々な媒体を使い発信する事で津久井青年会議所の存在を更に輝かせます。

対内外の事業、各種大会など会員へ参加を促すと共に多くの出向者を輩出します。様々な観点を持ち視野を大きく広げ、そこでしか見えない景色、体験をする事で多くの学びを得て青年会議所運動の糧としてまた、人生をより豊かに夢への架け橋として機会を提供します。

 

 

 

【結びに】

 私は青年会議所に入会をしてから多くの方と出会い、青年会議所の先輩方に導きを頂き、今まで気もつかなかった事や自分に足りない事など、自分よがりの世界から相手を想いやる心、そして世の為、人の為にと真剣に考え、多くの気付きを学ぶ事ができました。今まで自分自身が頂いたその素晴らしい環境と経験を会員の皆様へ機会の提供をできるよう努力し、恩を返さなければいけません。全てに感謝を忘れず、次世代へしっかりと受け継いでいきます。

先輩や会員の皆様の信頼と責任を自覚し受け継がれた歴史を誇りとして使命感と覚悟を持ち全力で職務を全う致します。明るい豊かな社会の実現を果たし津久井青年会議所が永遠と輝くように。