地域の皆様との交流を高め社会貢献活動に参加してみませんか?

理事長挨拶

  • HOME »
  • 理事長挨拶

2022年度 理事長所信

山﨑 勇貴

公益社団法人津久井青年会議所 第41代理事長 山﨑 勇貴
スローガン 力
~愛を持って創造し、勇気を持って行動しよう~

【はじめに】

郷土の未来を想い、又、愛を持って世界を見つめ、そのあるべき真の姿を求める為に、国内外の青年と連携をし、友情を深め、英知と勇気を持って貢献すべきである。1982年に創立された津久井青年会議所は、小川洋一初代理事長が掲げた創立宣言文の基、若き力が理性と情熱と友情を基に力強く歩みを進めて参りました。その時代その地域その人財、どこを切り取っても様々な課題に対し、卓越した熱き志の元、脈々と紡がれてきた先人たちのJC運動は津久井に根付き、本年は40周年という大きな節目を迎え、更に青々と真っすぐに伸びて行こうとしています。世界的に大きな変革の年となった一昨年より、新たな生活様式が私たちの生活の一部となり、地域に求められる組織や人財も大きく様変わりして来ました。明るい豊かなまちとは何か、時代と共に答えは違うかもしれません。しかしながら私達JAYCEEは、先輩諸氏が紡いでこられた歴史と伝統を受け継ぎ、この地域への感謝の心を忘れることなく、更なる地域の発展のために地域のリーダーとして自覚を持つ事が大切です。そして仲間と共に本質を見極めた行動を通し、自らの信念を基に理想と情熱を絶やすことなく、力強くしなやかに創造力と行動力を持ってJC運動を伝播していくことで地域の共感を呼び、輝く未来を創造していくことが出来るのだと確信しております。

【組織力の強化(事務局)】

私たちの所属するこの青年会議所は会議所という名が付く通り、どんな事業を行う際にも必ず会議を行い、さまざまな観点からより良い運動につなげるべく議論を交わし、ロバート議事法に基づいて理事会や総会で意思決定を行います。家族や仕事の大切な時間を割き、世のため人のために心血を注ぎ会議を行い、利他の精神の基、現役メンバーは活動をしております。その中で会議の運営や適正な資料の取りまとめなど、適切な管理ができなければ皆様の大切な限りある時間を浪費してしまいます。そこで組織を運営する者が自らを律し、人の大切な時間を無駄にしないという決意を新たにし、運営に取り組んでいかなければなりません。また組織の堅固な基盤を維持するために、厳格に定められたルールがあり、そのルールの下に組織の秩序が保たれていると考えます。これからも津久井青年会議所が厳格な組織運営をしていくために、ルールの遵守を徹底していかなければなりません。そのために、徹底した規律の遵守、厳格な審査による理事会の効率的な運営、堅実な財務管理を行います。時代に即した効果的な手法を用いて、迅速かつ丁寧に、組織力の強化を行います。

【創造力と行動力(青少年育成委員会)】

子どもは国の宝だ。これは西郷隆盛の言葉ですが、この言葉の意味は文字通り捉える訳ではなく、子どもが国の宝となるような教育を行うという責任世代へのメッセージなのではないかと思います。私たち責任世代は次世代の子ども達に対して、創造力や行動力といった生き抜く力を伝える義務があります。相模原市内の他団体と共に、豊富な自然環境の中で仲間や大人たちとのコミュニケーションを通じ、様々な課題に対し能動的に取り組むことで成功体験を得られる機会を創出し、未来を自らつくり出す、より力強く逞しい人財へと成長していける事業を展開して参ります。
また、スポーツを通じた心身の壮健な発達促進を行い、克己心やグッドルーザー、フェアプレーの精神を培うとともに、仲間や指導者との交流を通じてコミュニケーション能力を伸ばし、豊かな心と他人に対する思いやりの心を育みます。これらのことは青少年の健全育成にはなくてはならないものです。様々な競技を見たり体験したりすることにより、自己の新たな可能性の発見に繋がります。子どもたちの可能性を広げ、人間形成の機会を創出し、未来の希望を育んでいきます。また社会全体にも活力を生み出すこともスポーツの良さだと考えます。多くの人々がスポーツに慣れ親しむ機会を創出し、市民が一体感を共有し、達成感を得て、希望を感じることのできるつくい地域を創造して参ります。

【つくいの魅力(まちづくり委員会)】

つくい地域には、地域資源・産業・文化といった多くの魅力が存在します。この可能性を無限に秘めたつくい地域発展のためには、従来の多くの人を集めるといったまちづくりの観点での実践ではなく、多くの人を巻き込むという観点でまちづくりを実践し、まちの魅力を地域に浸透させていくことが必要だと考えます。その魅力を新たな価値として見出し、持続可能なまちづくり運動へと昇華し、魅力あふれるつくい地域を創造して参ります。
また、豊富な自然環境を有しているこのつくい地域は、様々な可能性を秘めている地域であると同時に、時にはその自然環境が人々の生活や命を脅かすものへと変貌します。近年日本各地で甚大な被害をもたらしている豪雨や地震による自然災害は、人の力では災害そのものを避けられるものではありません。しかしながら、日々の備えと災害を予測する事により減災をする事は出来ます。行政や地域内の団体、又は学校や住民同士による連携の強化を図り、常日頃から防災・減災に対しての知識を得て備えをし、市民の方々が主体的に防災・減災に対して取り組めるような運動を展開し、一人ひとりが防災・減災に対して率先して考え行動ができる地域の実現を目指します。

【情報発信力と機会の提供(広報渉外委員会)】

私たちの運動をより強く推進する上で、情報発信は重要な役割を担っています。青年会議所の理念である明るい豊かな社会の実現のためには、多くの人々に我々の運動を伝え、共感を得る必要があります。情報発信をより効果的に行うには、誰に何を伝えるのか、何のために伝えるのかということをしっかりと考えなければなりません。いかに良い事業を行っていても、人々に伝わらなければそれは活動に終始したものでしかなく運動への昇華は望めません。有効な情報発信を対象者に行い効果的な広報活動を戦略的に実行し、事業における様々なパートナーとの協働や対象となる人々に共感を生む伝達をしていき、市民意識の変化による参画を促し地域の発展につながる広報を実施して参ります。
また、さまざまな対外事業は、新たな学びを得るだけでなく、同志と共に友情を育むことができる絶好の機会です。開催目的を明確にし、より青年会議所を楽しむための積極的な参加を促し、おもてなしの心を持って、仲間との結束力を更に高め、希望溢れる渉外活動に取り組んで参ります。

【ひとの力(拡大研修委員会)】

会員拡大に取り組み一定数の会員を維持することは、組織を存続させることだけではなく、私たちの運動の原動力となります。そして会員数の増加は、地域に対する私たちの活動・運動の影響力を増幅させ、地域の未来への可能性を広げることにつながります。また新たな仲間とともに活動することは、会員や組織に新たな発想や価値観、刺激をもたらし、組織の活性化にもつながります。その為にはまずはメンバーの一人ひとりがJC活動の目的や意義を理解し、真剣に地域やメンバーの事を考え活動していくことで魅力的な人財を創出し、JAYCEEとしての責任と誇りを持って行動して行くことによって、津久井青年会議所のブランド力を高めます。従来の拡大の手法に囚われず、窓口を広く開き、情熱を持って一人でも多くの仲間を募り、メンバー同士、シニア・クラブや他団体の方々との交流も深めることで相互の益となるような情報共有や連携事業を行い、地域全体が活発になっていく運動展開に取り組んで参ります。

【創立40周年の伝統と継承(40周年特別会議)】

津久井青年会議所の「明るい豊かな社会」の実現に向けての歩みは創立40周年の大きな節目を迎えます。時代と共に運動発信の内容は変われども、まちづくり運動の根幹にある熱き想いは変わらず、私たちに脈々と受け継がれています。先輩諸氏が築いてこられた歴史の重み、高めてこられた青年会議所の価値、そして地域における信用の大切さを胸に、40周年から未来へ向けた運動発信を行って参ります。
まずは地域の未来を描いた中長期のビジョンを策定します。ビジョンとは地域へ向けた私たちの想いであり、本気で実現したいと思う未来への道標です。その根底には私たちが受け継いできた地域への想いがあり、このビジョンのもとメンバーが一致団結することで、地域に向けて力強く発信し、津久井青年会議所の運動に共感していただき、ビジョン達成へ向けまちづくり運動のパートナーとして地域とより共創することのできる契機となる創立40周年を創出します。そして昨年度主管LOMとして開催した第49回神奈川ブロック津久井大会から引き継がれた運動を次世代へ継承し、地域のレガシーとして未来へ託すことも必要です。また40周年の記念誌を発行し、対内外へ幅広く津久井青年会議所の歴史と展望を周知し、多くの方から共感を得る事でJC運動を伝播させて参ります。
歴史とは情熱の積み重ねであると私は考えます。私たちは歴史を継ぐ者として、津久井青年会議所の歩みを振り返り、本気でまちづくりに貢献する高い志をもつ組織として、承継すべき熱い想いを胸に刻み、未来へ紡いで参ります。

【結びに】

力とは誰かの為に奮うものであり、利他の精神を持った時こそ真価を発揮することが出来るものだと思います。私たちが住み暮らすこの地域や人々を慕い、互いに価値を認め合い、誰もが明るく豊かに暮らすことが出来る未来を創造していく力が必要です。時には困難や苦難にぶつかることがあったとしても、変化を受け入れ、強くしなやかに勇気を持って行動することで、誰一人として取り残すことのない輝く未来を描けるものだと私は確信しております。そして世のため、人のため、愛する全てのもののために、全力を出した時こそ自己に対し新たな力が備わります。力は伝えることが出来ます。先人から受け継がれてきた津久井青年会議所の力を次世代へ継承し、活気溢れる未来を共に創って参りましょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-685-0880

PAGETOP
Copyright © 津久井青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.