地域の皆様との交流を高め社会貢献活動に参加してみませんか?

理事長挨拶

  • HOME »
  • 理事長挨拶

2021年度 理事長所信

公益社団法人津久井青年会議所 第40代理事長 久保 武史
スローガン 動
~夢、情熱溢れるつくいの共創~

【はじめに】

生命の源となる水を豊富に有するつくい。1982年、穏やかなる世界平和の心を願う志高き青年が相集い、輝かしい地域創造のため津久井青年会議所の設立が宣言されました。地域に根差したその運動は新たな道をひらき、川のように小さな水の滴たりから始まり、今では市民をつなぐ大河となることができました。これも今まで地域に尽力していただいた先輩方の、叡智と勇気と情熱の結晶であります。つながりを紡ぐ中で、共に切磋琢磨できるかけがえのない友に出会える事や、課題に真摯に向き合い気づく、本当に大切なものの存在。青年会議所には多くの魅力があります。この地域に必要とされ、求められ続ける組織を未来へとつなげていく事は、今を担う私たちに与えられた使命でもあります。多くの困難に打ち勝ち、歴史を紡いできていただいた事、そのすべてに感謝をいたします。青年らしく爽やかな風をおこし、私たち自身も共に学ぶ事で子どもたちの憧れる星となり、地域社会をつなぐ虹となれるよう、行動し続けてまいります。突如として訪れた変革の時代に、自身の思考を照らし合わせ、失敗を恐れず幾多の挑戦をすることが、夢と情熱溢れる地域を創造していく事と確信しています。

【組織を動かす】

私たちは青年会議所という名の通り、会議で物事を決めています。会議の設営や、資料の作成、会計管理、各種広報活動、これらは組織を運営していく上で不可欠な存在であります。閲覧資料を作成、精査し、配布することで会議の円滑な進行が可能となり、会員の貴重な時間を無駄にしない事へと繋がります。各種ある会議の中でも、会員意思決定の最たるものである総会の存在は重要です。会員の意思を示せる、貴重な機会の提供を滞りなく行う事が求められています。
我々の活動は地域に必要なものであります。地域に有益な活動は広く市民に周知されてこそ、その効果が最大限に発揮できるものです。市民や会員に活動を知ってもらうために、あらゆる手法を駆使し、PRしていくことが必要です。

青年会議所の礎として、その存在、運営のあり方も時代の変化に対応していくべきであります。ITが普及した現代において、効率的な運営が求められている今、その必要性や組織体制、つくい地域にとってどうあるべきかなど。今一度考える機会を作り、最適な形へと体制を変え、未来へとシフトしていく必要があります。華やいだ風にさらされる事は多くないかもしれませんが、その存在は縁の下の力持ちとも言え、組織にとって大変心強いものです。

【人の心を動かす】

未来へと夢を描くことで、人生は豊かになります。人が夢を語るその姿に、感銘を受ける事も少なくありません。しかし、大人になれば、責任や常識に取り囲まれ、いつしか夢を追うことを忘れてしまうでしょう。人は、描いた夢を必ず叶える事ができる。そう信じて夢を持ち、それを叶える為の行動は、人を成長させます。今こそ、大人の私たちが、夢を描くことの大切さを子どもたちに伝え、未来を生きる人財を大きく飛躍させる正しい育て方を学ぶ必要があります。
人が育つには、必要な事を教え、育てる「教育」と、教える側も一緒に考える「共育」が必要であります。子を持つ親や、これから親になる大人にも夢を持つ事の大切さ、そして、子どもたちの持つ未来の無限の可能性を共に学ぶ事が必要です。いつしか、その子どもたちが大人へと成長した時、形として残した物が記憶を蘇らせ、新たな気づきとなり、地域への愛を再認識する事で未来のつくい地域がさらに発展していく礎となるのです。
私たちは溢れる情報化社会の中で生き、様々な情報を簡単に手に入れる事ができます。
しかし一方で、情報が溢れているからこそ、その中の真実を見極める能力が問われています。今後、さらなるSNSやITツールの普及によって、ITリテラシーを高める事は必須と言えます。ITの利用は便利な反面、リスクも伴います。未来を担う子どもたちが、自ら考え、情報を分析、正しい情報発信、行動ができる人財となれるよう、人財育成していくことが我々の責務であります。つくい地域の持つ豊富な自然資源とITが融合する事でイノベーションが起き、子どもたちは新たな夢を見つけ、成長していくのです。

【まちを動かす】

2015年9月の国連サミットにて、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標としてSDGsが採択されました。そして、このSDGsをつくい地域でもさらに推進していくため、2019年12月には、公益社団法人津久井青年会議所と相模原市との間でSDGs協働推進宣言を締結いたしました。相模原市は2020年7月17日に「SDGs未来都市」に選定され、発展を続ける都市部と、雄大な自然に囲まれた中山間地域の調和や、共生社会の推進など、誰一人取り残さない持続可能な社会を実現するため、様々な活動をしています。行政や関係諸団体との連携をさらに深め、共に協力推進に尽力してまいります。
近年、自然災害による被害は深刻です。2019年、2020年と多くの方が犠牲になった豪雨災害。我々の予想を遙かに超える雨量が、まちを飲み込む姿は衝撃的でした。今までの常識は通用しない事もある。今後、同じ被害を出さないためにあらゆる対策をしていく必要があります。正しい知識を身につけることや、備える事、様々な可能性を考慮すること。日頃から家族と密に連絡を取ることや、行政、地域との連携、社会福祉協議会との連携など、被害を最小限にするために考え行動できる人材を育成し、あらゆる災害対策を考えていく必要があります。
地域の発展には、人の成長と、そこに住まう人が笑顔で過ごせる環境が必要です。地域市民が求める「笑顔で過ごせるまち、住みやすいまち、子育てしやすいまち」とは、どのようなまちなのでしょうか。いまつくい地域が持つ課題を浮彫りにし、解決に向けて行動を起こす事が、未来の地域発展へと繋がっていきます。多種多様な仲間と、同じ目的、目標を持つ事で得られる共感は人を繋ぎます。地域の人々の笑顔が溢れ、安心して暮らせるまちの創造のため、共に生きる、多様性を認め合える社会を今後もよりよいものへと推し進めていきます。
2020年に開催予定であったオリンピック、パラリンピックは2021年に延期される事が決定しました。日本での開催は、国際の機会や、スポーツを通じた感動、様々な人と出会える事など、多くの可能性に満ち溢れています。この機会を有効に活用すべく、諸団体との連携などを通じ開催を支援していきます。

【会員、組織強化に動く】【新たな歴史の始まり40周年へむけて動く】

東京一局集中の課題が浮き彫りになった昨今、地方には可能性が満ち溢れています。テレワークや在宅勤務などが進めば、組織構造にも大きな変化が生まれるでしょう。組織強化には、新規会員の入会による組織拡大が必要です。組織に加入してもらうため、そこに辿り着くまでの種まきや、水やりを進め、私たちの掲げる組織拡大目標達成に向けて行動し続けましょう。つくい地域に必要となる人財は必ずいます。組織に賛同し、共に活動できる同士を増やし、組織を拡大する事ができれば、地域を推進する力は何倍にもなる。同志に想いを伝えるには、会員が組織にメリットを感じている事が必要です。自分にとって有益な組織だと感じていなければ、魅力を100%伝える事はできません。改めて、青年会議所が持つ様々な学びや体験を通じて、会員一人ひとりが成長し、スキルアップすることで組織の魅力を再認する必要があります。同士を増やすことで運動の効果が最大化すれば、それが地域や支えてくれる方への恩返しとなるのです。
1982年、地域を愛する熱き青年たちが立ち上がり、様々な社会問題と向かい合い続けて、実に40年の時が経とうとしています。新しい時代が訪れ、人々の生活、思考は大きく変わっていくなか、私たちは、設立当時の想いの上に、しっかりと歩めているのでしょうか。今こそ、シニア・クラブをはじめとする先輩諸氏とのつながりを最大限に活用し、連綿と受け継がれてきた歴史を再確認し、多様性を認め合えるあらたな仲間づくりを進め、今後も地域に必要とされる強い組織体制の構築をしていくことで、津久井青年会議所のアイデンティティの確立へと導きます。

【神奈川「21」のつながり、共に動き創る】

神奈川には21の青年会議所が存在しています。私たちの最大の強みである「つながり」を最も強固なものへと昇華できる機会がブロック大会であります。会員としては、同じブロックの仲間と友情を育み、地域での交流を通じ、生涯の友を得る事ができる。開催する地域にとっては、開催に向けて様々な取り組みを行う事で新たな魅力を再発見する事や、社会課題を見つける事ができます。神奈川には神奈川らしさ、つくい地域にはつくい地域らしさがあります。その両方を存分に発揮し、行政や市民、関係諸団体、そしてシニア・クラブにもご協力をいただき、県内21青年会議所会員にとって有益な大会を構築してまいります。歴史を紡いてきていただいた諸先輩方に感謝の念を抱く事で、今を大切に思う気持ちを再認識し、限りあるJC運動がさらに有益なものになるよう想いを伝播いたします。私たちだけではできない事でも、仲間がいれば必ず解決できる。神奈川ブロック協議会と共に創る大会がメンバーにとって大きな財産となり、大きな夢を描く未来への新たなスタートとなるのです。

【結びに】

私たちに残されている時間には限りがあります。同じような境遇の信頼できる友に出会い、同じ時間軸で活動ができることは奇跡の連続であり、決して当たり前ではありません。共に活動できる時間に限りがあるからこそ、その時を全力で駆け抜けてほしい。しかし、それには必ず誰かの時間を犠牲にすることになります。いかなる時でも、あなたの成長を信じて支えていただいている方の存在や、感謝の気持ちを忘れないでください。青年会議所で過ごす時間は、成長へと繋がります。思考と行動、挑戦するその覚悟で、あなたの成長は約束されるのです。

今できる事、あなたにしかできない事、あなたがやるべき事、あなたならできる事、
その全てに全力で取り組んでください。未来はあなたの行動が創りだすのです。

人と人との出会いは無限の可能性を持っている。
すべては未来のために、今、動きだそう。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-685-0880

PAGETOP
Copyright © 津久井青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.